御影高杉:御影熕凾ノついて
HOME > 御影高杉について

御影高杉のご紹介

御影高杉について

フランス菓子のおいしさと食文化を正しく伝えていきたい、フランス菓子を神戸という土地に根付かせたい、という想いでお菓子を作っています。
神戸は、古くから外国の文化や食に親しみ、伝統を守りながらも、新しいものを上手に取り入れてきた街。御影高杉のお菓子も、今の時代を見つめながらも、その時々の動きに流されず、旬のもの、からだにやさしいものを、基本の製法を踏まえて作っていきたいと考えています。 そして、お客様とのコミュニケーションの中で日々進化しながら、本物のお菓子をお届けし続けたいと願っています。


シェフメッセージ

御影高杉について

ひとつひとつのお菓子には夢があり物語があります。 私たちはこだわりを大切にし、素材そのものを生かし絶妙な組み合わせにより、奥深い味わいのある夢を広げたいと思っております。 日本の四季を大切に折々の旬の味を生かし、巧みなバランスで仕上げた季節感あふれるお菓子をお届けできればと願っております。

高杉良和
御影高杉


プロフィール

ホテルで料理、デザートを担当しながら、製菓部門で腕を上げ、34歳で製菓長に就任。

1996年 「御影高杉」のシェフに就任。
1997年 テレビ東京「テレビチャンピオン〜全国クリスマスケーキ職人コンテスト」優勝。
1998年 神戸市技能奨励賞受賞。
2005年 兵庫県技能顕功賞受賞。
2008年 「ひょうごの匠」認定。
2008年 クラブ・ガストロノミック・プロスペール・モンタニエ正会員。
2009年 「現代の名工」受賞。
2011年 黄綬褒章拝受。
2011年 フランス農事功労章シュバリエ受章(セントフォルチュナ)
2014年 厚生労働省「ものづくりマイスター」認定
2015年 「神戸マイスター」認定

         洋菓子コンクール入賞歴多数。

▲ページトップに戻る